『オペラ座館殺人事件』 に関する検証
 ●日高織絵と緒方夏代の殺害について
 ●投稿者:kotaro
 ●検証タイプ:物語のミス・アンフェア発見
 | 初稿:2012/05/18 22:03 | 最終稿:2012/05/18 22:03 | 編集回数:0 |

●日高織絵殺害について
日高は犯人に舞台に呼び出された所に照明を落とされて殺されました。
照明は数百キロの重さがあって、照明を吊っていたワイヤーを鋭利な刃物で切って落としたことになっていますが、一の指の太さくらいもあるワイヤーを刃物などで切るのは絶対に無理です。
かなり大きなワイヤーカッターかチェーンカッターが必要になるはずで、それもハサミで糸を切るように簡単には切れません。
つまりワイヤーを切る作業をしている間にも照明が軋んだりするはずなのに、日高はそれをおとなしく照明の下で落ちてくるのを待っていたことになります。
ですので実際は、日高を気絶させて舞台上の照明の下に寝かせた状態でワイヤーを切ったと思います。

●緒方夏代殺害について
緒方は舞台の音響室でオープンリールに気が付いた所で犯人に殺害されました。
その殺される時緒方は「犯行に"これ"が使われたとしたら"犯人"は・・・」と言っていますが、オープンリールを見つけて気が付くのはアリバイトリックだけで、それで犯人まで分かるはずがありません。


*投稿者-kotaro さん専用 / PW
+ + commented by 剣一 + + at 2017/09/23 23:35 ×

オープンリールのくだりですが、この時点ではほぼ全員歌月犯人説が有力だったため、「アリバイトリックが使われた」=「演劇部内に犯人がいる」という事実は驚くに足りると思います。


+ この検証へのコメント投稿 +  *お名前空白の場合は "とある探偵" となります
*お名前
[?]    *PW [?]   
BLOG・HP [?]
認証コード:61 + 1 を入力して下さい=>

『オペラ座館殺人事件』 @Amazon

『金田一少年の事件簿』 事件検証&推理ミス探しデータベース since 2012/05