『異人館村殺人事件』 に関する検証
 ●六星親子の戸籍
 ●投稿者:swordone
 ●検証タイプ:描写ミス発見
 | 初稿:2017/09/28 23:42 | 最終稿:2017/09/28 23:42 | 編集回数:0 |

正体を暴かれた六星竜一が復讐鬼に変貌したいきさつを語るが、その中で「戸籍上死んだことになってた母さんは」と発言している。だが、教会で焼かれた娘たちは教会の中に1体、各館の主人が1体ずつ持って行ったはずで、警察などの公的機関がその死亡を確認できた人物は一人もいないはずである。その状態で戸籍上死亡扱いにできるものなのだろうか?

そもそも、母親が死亡扱いなら、子である竜一は私生児になるはずで、戸籍がスムーズに取れるはずがない。それに、事件終盤になるまで「六星」の苗字すら出ていないのに、この本名はどこから出てきたのだろうか。戸籍がないなら警察も名前を調べようがないはずなのだが…


*投稿者-swordone さん専用 / PW
+ + commented by 粗さがしのようだが + + at 2018/01/10 04:23 ×

一応失踪後七年経過すれば死亡扱いになるはず。
当然犯人たちは牧師家族の失踪を届け出したと思われる。
(その際火事の顛末や牧師家族の失踪など、どうやっても
もみ消せないような状況をどう警察や村人に説明できたかは
気になるところではあるが・・・)

後者の戸籍の問題は気になるところ。
戸籍がないままに自称していた可能性もなくはないが
いくら何でも完全に戸籍がない状態の母子家庭が
バレずに生きていけるほど世の中甘くはないと思うのだが・・・


+ この検証へのコメント投稿 +  *お名前空白の場合は "とある探偵" となります
*お名前
[?]    *PW [?]   
BLOG・HP [?]
認証コード:93 + 1 を入力して下さい=>

『異人館村殺人事件』 @Amazon

『金田一少年の事件簿』 事件検証&推理ミス探しデータベース since 2012/05