『雪影村殺人事件』 に関する検証
 ●雪影村殺人事件は未来の事件?
 ●投稿者:きっせー
 ●検証タイプ:意外な事実発見
 | 初稿:2012/06/07 11:07 | 最終稿:2012/06/08 04:54 | 編集回数:2 |

『雪影村殺人事件』では、他の事件ではあまり見られないいくつかの特徴がある。


(1)事件が発生した日時が確定している


その日時を示す太刀川母のセリフは以下の通り

「この村には、もう300年以上昔からこの4月の21日から25日にかけて、朝の6時頃から最後の雪が降るの」


このセリフから雪影村で起こった出来事を簡単にまとめると


4月19日
・金田一雪影村に到着
・春菜の葬式が行われる
・島津が冬美と綾香の殺害を決意する
4月20日
・桜雪祭の準備
4月21日
・島津が冬美を殺害
4月22日夜
・島津が綾香を殺害
4月23日
・冬美のお焼香のため集まった金田一たちが綾香死亡の知らせを聞く
・金田一「じっちゃんの名にかけて」
・金田一、犯人がわかる
・立石宅に泊まる
4月24日
・金田一、冬美殺害のトリックがわかる
・金田一「謎はすべてとけた」
・金田一が島津に、明日の朝に雪影中へ来るよう電話する
4月25日
・最後の雪が雨に変わる頃、事件は完結
・タイムカプセルを開けている時に終わったはずの雪が降る
・金田一、雪影村を去る

こんな感じになるかとは思うのだが、
金田一は誕生日が8月5日で、私立不動高校に通う高校2年の17歳という設定なはずである。
しかしここまで日時が確定している以上、金田一はこの事件の段階では16歳のはずである。

ところが話の中には「5年前」という発言が随所に見られる。

16歳の段階で5年前となると11歳で金田一はまだ小学6年生ということになる。


しかし冒頭の金田一と島津との会話で、金田一は以下のような発言をしている。

「なっつかし〜い 雪影中学だろ? 中一んときだから 5年経つのか」

ということで、金田一は5年前に中一であったことがわかる。

となると雪影村殺人事件で登場した金田一一は「高校3年の17歳であった」と
断定すべきである。


しかし、上記のように現実はいかないのかもと思われる。
それが2つ目の特徴から推測する。


(2)七瀬美雪の登場シーンがない

雪影村殺人事件内で金田一が立石宅で眠っている際、寝言で「美雪」と発した一コマがあることはあるが、美雪の登場はないに等しい。

未来の事件かもしれないこの事件に美雪が登場しないということは、

まさか・・・

金田一はダブってしまったのでは。
そしてそのことが原因となり美雪にも愛想をつかされてしまったのでは

そんないやぁーな予感もしてしまうのも事実だが、
金田一君が高校2年生を終えた時にしかその事実はわかりません。


*投稿者-きっせー さん専用 / PW
+ + commented by DsD + + at 2012/06/09 04:09 ×

ホントだ!面白いです☆
ハジメの誕生日が8月5日だというコトが完全に念頭になかったのですが、でもよく気がついたですね!
今日時点で最新のマガジンの表紙 (金田一20周年祭・暗黒城第一話掲載時) にも 『20年目の17歳!!』 と明記されていますので、今から見ても未来に当たる可能性が高いですね^^☆

+ + commented by きっせー + + at 2012/06/09 07:57 ×

読んでいただいてありがとうございます。

この点は私が以前から疑問に感じていた点でもありましたので、
このような返信コメントまでいただけて大変ありがたいです。

それと余談なのですが、「金田一少年の決死行」のグランドフィナーレ(その単行本が今私の手元にないのでうろ覚えであることは申し訳ないのですが)の冒頭にある

金田一が高遠からの手紙を取り出す際に言っていた「立石からかなぁ」という発言については、

その金田一が想像する「立石」という人物が「雪影村の立石直也」だとすると、グランドフィナーレが第二章にもつながっているため

設定上かなりおかしくなってしまうので、

私たちの知らない金田一の個人的な友達の立石さんと考えた方がよさそうですね。


+ この検証へのコメント投稿 +  *お名前空白の場合は "とある探偵" となります
*お名前
[?]    *PW [?]   
BLOG・HP [?]
認証コード:68 + 1 を入力して下さい=>

『雪影村殺人事件』 @Amazon

『金田一少年の事件簿』 事件検証&推理ミス探しデータベース since 2012/05