『オペラ座館・第三の殺人』 に関する検証
 ●なぜ劇場の密室殺人は実行された?
 ●投稿者:swordone
 ●検証タイプ:推理ミス・変な論理発見
 | 初稿:2017/09/24 14:03 | 最終稿:2017/09/24 14:03 | 編集回数:0 |

金田一は「臨機応変に対応するために今回のトリック以外にも多数の準備をしていたはず」と推理していたが、もしそうならば剣持警部を拉致してまで劇場の密室殺人を実行する必要はなかったはずである。
金田一の言う通り、劇場の鍵を持った剣持警部を返り討ち覚悟で殴り倒し、屋敷まで持ち帰って劇場地下に閉じ込めるという一連の作業はかなり手間がかかる上ハイリスクだ。そうしてまで密室殺人をしなくても密室殺人計画自体を破棄してしまえばいいだけのはずだ。
城が劇場に閉じ込められたのは白神の疑いが向いたのが原因だったが、そもそも犯人は白神に疑いを向けることは全く想定していないため、自殺偽装すらする必要がない。もっと状況に適した計画を使って殺害すればよかった話ではないか?


*投稿者-swordone さん専用 / PW

+ この検証へのコメント投稿 +  *お名前空白の場合は "とある探偵" となります
*お名前
[?]    *PW [?]   
BLOG・HP [?]
認証コード:41 + 1 を入力して下さい=>

『オペラ座館・第三の殺人』 @Amazon

『金田一少年の事件簿』 事件検証&推理ミス探しデータベース since 2012/05